メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

ヒトによる貨幣の発明=総合研究大学院大教授・長谷川眞理子

長谷川眞理子氏=望月亮一撮影

 本稿では、ヒトという動物の進化史を基に、現代の社会が抱えるさまざまな問題を考えてみようとしている。ヒトは発明の天才だ。例えば、遠くへ行きたい、速く移動したい、楽に物を運びたいという欲求に対しては、車輪を発明し、家畜を使うことから始まって、やがては自動車、大型船舶、飛行機などを発明するに至った。ヒトは「AがあればBが起こる」ということを、単にAとBの連合として認識するばかりでなく、「AはBの原因ではないか」という、因果関係の推論ができる。そこで、自然界の現象の観察や、自ら行うさまざまな試行錯誤の中で、「こうすればもっとよくなるだろう」という工夫を重ねていく。そこで、技術がどんどん進歩していく。

 貨幣というものも、そうやって人間が発明したものだ。元々は、「Xを持っているがYは持っていない、かつ、Xは手放してもよいがYを欲しいと思っている人」と、「Yは持っているがXは持っていない、かつ、Yは手放してもよいが、Xを欲しいと思っている人」とが物々交換をしていたのだろう。しかし、そんなにうまく双方の欲望が合致する相手に会うことは難しい。そこで、いくつかの段階を経て、どんなものとでも交換することの…

この記事は有料記事です。

残り1230文字(全文1730文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 副厚生労働相に三原じゅん子氏 がん克服 党女性局長など歴任

  3. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  4. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです