メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

養老孟司・評 『渋谷の農家』=小倉崇・著

 (本の雑誌社・1728円)

「違いがわからない」グローバル化

 著者によれば、日本の有機農家の割合は0・4%だという。それでは有機農業なんて、語るに足りないなあ。そう思う人もあろう。衆寡敵せず。

 数年前、群馬県の田舎から知人がやってきた。手土産は段ボールにいっぱいのさまざまな果物。口上はこうだった。「先生、これは全部、農家が自家用に作っているものだから、大丈夫ですよ」。じゃあ、いつも私が買って食べている、あれはなんなのだ。そういうわけで、社会も人生も、必ずしも統計に従うわけではない。

 著者は日本各地の有機農家を取材する。山形県高畠町の米農家、遠藤五一。香川県・小豆島のオリーブ農家、…

この記事は有料記事です。

残り1140文字(全文1433文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです