猫のルール

飼育や野良猫の見守り方を解説 山口・下関

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
猫の正しい飼い方や習性などがイラスト付きで分かりやすく解説されている=山口県下関市で、上村里花撮影
猫の正しい飼い方や習性などがイラスト付きで分かりやすく解説されている=山口県下関市で、上村里花撮影

 山口県下関市は、猫の殺処分を減らし、飼育のルールを守ることで人と猫が共存できる町を目指し、冊子「ねこの適正飼養に関するガイドライン」(A4判、22ページ)を製作した。飼い主の責任や野良猫を見守るルールなどをイラスト付きで分かりやすく解説している。5000部作製し、市動物愛護管理センター(同市井田)や各支所などで配布している。【上村里花】

 市動物愛護管理センターが2014年度に収容した猫は875匹で、うち9割以上の798匹が、飼い主や譲渡先が見つからず殺処分された。センターが開所した09年度は収容1535匹、うち殺処分1502匹で頭数はほぼ半減しているが、依然として殺処分の割合は高い。また、交通事故や病気など路上で死んだ猫も673匹以上(14年度)となっており、センターは正しい知識の啓発により、少しでも殺処分や事故死を減らしたいと…

この記事は有料記事です。

残り573文字(全文943文字)

あわせて読みたい

ニュース特集