メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競馬

天皇賞・秋 優勝はモーリス

 第154回天皇賞・秋(G1)は30日、東京競馬場の芝2000メートルコースに15頭が出走して行われ、単勝1番人気のモーリス(ライアン・ムーア騎乗)が1分59秒3で優勝し、G15勝目(海外2勝を含む)を挙げた。優勝賞金は1億5000万円。モーリスは日本中央競馬会(JRA)の重賞では4勝目。堀宣行調教師は秋の天皇賞で初勝利となった。

 中団に待機したモーリスが直線で一気に差し切り、1馬身半差をつけて圧勝した。2番人気のエイシンヒカリは12着に沈んだ。

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文573文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです