競馬

天皇賞・秋 優勝はモーリス

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 第154回天皇賞・秋(G1)は30日、東京競馬場の芝2000メートルコースに15頭が出走して行われ、単勝1番人気のモーリス(ライアン・ムーア騎乗)が1分59秒3で優勝し、G15勝目(海外2勝を含む)を挙げた。優勝賞金は1億5000万円。モーリスは日本中央競馬会(JRA)の重賞では4勝目。堀宣行調教師は秋の天皇賞で初勝利となった。

 中団に待機したモーリスが直線で一気に差し切り、1馬身半差をつけて圧勝した。2番人気のエイシンヒカリは12着に沈んだ。

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文573文字)

あわせて読みたい

ニュース特集