メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

フィンテックって何?の巻

金融とITの融合 あなたに合った投資先を人工知能がおすすめ

[PR]

カゲマルが働いているそば屋にはレジがなく、収支計算はそろばんだそうです。 曙によると、最近はレジいらずの決済システムも普及しているとか。 クレジットカード読み取り機をスマホなどに取り付けるだけなので、導入費用も格安です。 最近はショッピングモールでも、事前に現金を払い、指紋を登録してレジで指を置くだけで購入することができるお店がありますね。 これらの技術やシステムを「フィンテック」といいます。
フィンテックとは、英語の「金融(Finance)」と「技術(Technology)」を合わせた造語で、ITを使った金融サービスのことです。 リーマン・ショック後、経営悪化した銀行を尻目に、新興企業の参入が続いています。 フィンテックに明確な定義はありませんが、大体は以下のような分野にわたっています。 ・ソーシャルレンディング ・ブロックチェーン ・クラウドファウンディング ・ペイメント・決済 ・クラウド型会計・経理サービス ・投資・運用サービス ・家計簿・経費精算アプリ ・金融機関向けセキュリティーサービス
銀行や証券会社もネットサービスを提供していますが、何が違うのでしょうか? それはパーソナライズと対象ユーザーの拡大です。 例えば投資・運用サービスですが、クラウドや人工知能普及で一人一人に合った投資先をすぐに提案できるようになりました。 さらにソーシャルレンディングでは、今まで関心がなかった人も投資に乗り出しています。 しかし、情報保全の面で問題はないのでしょうか? 「ブロックチェーン」がポイントです。 従来はお金のやり取りの情報を「全国銀行データシステム」や「スイフト」が集中して管理しています。 巨大システムなので、取引に時間がかかる上に手数料も割高なのです。
ブロックチェーンは、「ビットコイン」などの仮想通貨で利用されている技術です。 ネットワークに参加する金融機関それぞれのコンピューターが取引情報を記録するので、低料金かつ即時決済が可能なのです。 一定時間内に生じた取引データを塊にして、時系列で鎖のように記録していくのです。 複数のユーザーが記録を共有するので、データを照らし合わせることができ、改ざんや不正取引を防ぐことができるのです。 往信SBIなど42行がこの技術を使ったシステムを構築するそうです。 銀行も負けてはいられないということですね。 しかしカゲマルはそれでも銀行を信用できない様子……。 保管方法は小判だとか!?

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. なぜ今受ける? アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」 興収100億円を最速で突破

  4. 誰にも知られず3カ月で消えた命 父不明、トイレ出産、出生届もなく…孤立した母

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです