メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワールド・トレジャー

特派員が選ぶ私の世界遺産 カフェ・ハベルカ(オーストリア・ウィーン) 芸術家の卵の社交場

「カフェ・ハベルカ」の店内。1939年の創業当初から、内装はほとんど変わっていない=ウィーン市内で2016年10月17日午後4時41分、三木幸治撮影

 重い木の扉を押し開けると、にぎやかな話し声が聞こえてきた。100年以上前に作られた大理石の円テーブルと木の椅子が置かれた店内で、人々は顔がくっつきそうな距離で笑い合っている。椅子に腰かけるとウエーターが話しかけてきた。メニューは出てこない。ここは「会話しながら」注文を決める、昔ながらの社交場なのだ。

 パリと並ぶカフェ文化の街ウィーン。旧市街にある「カフェ・ハベルカ」は、往年のカフェの姿を今に伝える。1939年にレオポルド・ハベルカ、ヨゼフィーネ・ハベルカ夫妻が創業。レオポルドさんは第二次大戦に徴兵され、ロシアなどに遠征した。当時ナチス・ドイツに併合されていたウィーンは連合軍の度重なる空襲を受け、中心部は大きく破壊されたが、ハベルカは奇跡的に無傷だった。夫妻はカフェの再開を決意した。

この記事は有料記事です。

残り1052文字(全文1398文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. ベスト電器、企業として消滅へ ヤマダデンキが吸収合併 かつての家電業界トップ

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. メルケル首相がトランプ米大統領を擁護? 発言録をドイツ文学者が読み解く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです