メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柔道

全日本学生体重別団体優勝大会 男子、国士舘大V

 柔道の体重別団体戦(7階級)の大学日本一を争う男子第18回、女子第8回全日本学生体重別団体優勝大会(毎日新聞社、全日本学生柔道連盟主催)は最終日の30日、兵庫県尼崎市のベイコム総合体育館で行われ、男子は前回準優勝の国士舘大が9年ぶり4回目、女子は環太平洋大が3年ぶり4回目の優勝をそれぞれ果たした。

女子は環太平洋大

 ○…女子優勝の環太平洋大は1年生の先鋒(せんぽう)・青柳が流れを作った。試合開始から約2分半、内股で技ありを奪うと、大外刈りから後ろけさ固めに移行し合わせ技一本。「立ち技から寝技の練習を繰り返していた」成果が実った。これで勢いに乗ると、続く2人も連勝。1992年バルセロナ五輪男子71キロ級金メダルの古賀稔彦総監督が「最初の3人でポイントを取りたかった。役割を果たしてくれた」と話す期待通りの活躍だった。

 【男子】▽3回戦 東海大6-0福岡大、桐蔭横浜大3-2東洋大、明大5-1国際武道大、天理大3-1日…

この記事は有料記事です。

残り754文字(全文1165文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです