公選法違反

テレンス・リー被告に執行猶予判決…東京地裁

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
テレンス・リー被告=2006年3月撮影
テレンス・リー被告=2006年3月撮影

 7月の参院選で立候補者の応援演説をして報酬を受け取ったとして、公選法違反(被買収)に問われたタレントのテレンス・リー(本名・加藤善照)被告(52)に対し、東京地裁は31日、懲役10月、執行猶予2年(求刑・懲役10月)の有罪判決を言い渡した。中島真一郎裁判官は「タレントの知名度を利用した悪質な犯行」…

この記事は有料記事です。

残り86文字(全文236文字)

あわせて読みたい

ニュース特集