大西飛行士帰還

充実の4カ月「成果、早く報告したい」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ジェスカズガン近郊(カザフスタン)阿部周一】4カ月の国際宇宙ステーション(ISS)での任務を全うした大西卓哉さん(40)が30日、地球に帰還した。「早く日本に帰って成果をみんなに報告したい」。そう話す表情から充実した滞在だったことがうかがえた。

 気温2度。冷たい風が吹くカザフスタンの草原に、パラシュートをつけた帰還カプセルが、ほぼ予定時刻通りの日本時間午後0時58分に舞い降りた。大西さんは3人中2番目に運び出された。椅子に座ったまま、救助スタッフに抱えられて医療テントに入ったが、出る時は、昨年ISS…

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文636文字)

あわせて読みたい

注目の特集