メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大西飛行士帰還

ポストISS描けぬ日本 24年運用終了

国際宇宙ステーション=JAXA提供

 【ジェスカズガン近郊(カザフスタン)阿部周一】国際宇宙ステーション(ISS)での任務を終えた大西卓哉宇宙飛行士(40)が30日、地球に帰還した。日本人の宇宙飛行は11人目。ISSの長期滞在は6人目で、日本の有人宇宙開発を一歩前進させた。しかし巨額の費用負担が伴う有人宇宙飛行の「費用対効果」をどう示すか、「ISS後」の長期戦略をどう描くか--が日本政府に問われる。

 ISSは2020年に運用を終える計画だったが、日米両政府は昨年末、24年までの運用延長に日本が参加することで合意した。「延長した分の成果を国民に返せるように頑張る」。大西さんは26日夜、地上との交信イベントで、松野博一文部科学相らに強調した。

この記事は有料記事です。

残り950文字(全文1255文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです