メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナイジェリア

ボコ・ハラムから避難女性 当局者が性暴力 人権団体が報告

 【ヨハネスブルク小泉大士】国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)は10月31日、イスラム過激派ボコ・ハラムの暴力から逃れてきた女性や少女を、ナイジェリア当局者が性的に搾取しているとの報告書を発表した。

 HRWが確認した虐待事例は43件に上る。同国北東部マイドゥグリにある7カ所の避難民キャンプで、キャンプの責任者や警察官、兵士らが実行したといい、薬…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文453文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  2. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど営業延長 警視庁検討

  3. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」

  4. DeNAの筒香、レイズ入りへ 2年総額で約1200万ドル

  5. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです