メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外森保J、無念のドローで決勝T逃す 久保弾は幻に
兵庫の会社

はい、広報です! 沢の鶴 マーケティング室 松本梨愛さん /兵庫

 <来年のわが社は>

 今回は、沢の鶴(本社・神戸市灘区)マーケティング室の松本梨愛(りえ)さんが「来年のわが社は」のお題で取材しました。チャレンジを続けてきた歩みを紹介していただいています。

おいしい日本酒で“乾杯”

 来年2017年、沢の鶴は300周年を迎えます。創業は1717(享保2)年。暴れん坊将軍のモデルとなった八代将軍徳川吉宗の時代です。浪速十人両替の一人、米屋平右衛門の別家が「※」のマークを掲げ、酒を灘の西郷で造り始めました。これが「沢の鶴」の始まりです。

 300年も続く会社と聞くと、保守的なイメージを持たれるかもしれませんが、そうではありません。新しい…

この記事は有料記事です。

残り1160文字(全文1444文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 男性2人刺され死亡 逃げた男を警察が確保 名古屋
  3. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  4. 芸能界と反社会的勢力 根深い関係、どう断ち切る 吉本「闇営業」問題
  5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです