メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

ワロン地域の反乱のブレグジットへの影響=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 ベルギーは人口1130万人の欧州の小国で、オランダ語地域とフランス語地域に分かれている。フランス語地域(ワロン)は古代ガリア人由来の歴史を持つ。1世紀前には主力製品の鋼板の品質も指折りだった。日本の軍艦への装甲用の採用はどうか、と皇太子時代の昭和天皇と面談したベルギー国王(当時)が言及したという。しかし昨今はラストベルト(さびついた経済地域)の名が付く。

 350万人のワロン地域の議会が10月14日に欧州連合(EU)とカナダの自由貿易協定(FTA)の締結…

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文695文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  2. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  3. 「妻子3人の死亡は出勤前」法医学者証言 元巡査部長は「出勤時寝ていた」 福岡地裁公判

  4. 新千歳発の全日空機、引き返す 客室に「白い粉」拡散

  5. 母子3人殺害 元福岡県警巡査部長「子供を殺す証拠も動機もない」無罪主張 福岡地裁初公判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです