日銀決定会合

物価2%目標先送り 見通し下方修正

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日銀は1日の金融政策決定会合で、物価上昇率2%の目標達成時期を、従来の「2017年度中」から「18年度ごろ」に先送りすることを決めた。景気の回復基調は続いているとして追加の金融緩和は見送り、短期金利をマイナス0.1%、長期金利(10年物国債の利回り)を0%程度に誘導する金利操作目標を据え置いた。

黒田総裁、任期中困難

 物価目標の達成時期延期は、黒田東彦総裁が2%目標を「2年程度で実現する」と表明した13年4月以降では5回目。総裁が任期切れを迎える18年4月までに目標は達成できない見通しになった。黒田総裁は同日午後、記者会見で決定理由を説明する。

 物価上昇率については、会合でまとめた「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」で、17年度の見通しを従来の1.7%から1.5%に引き下げた。16年度は0.1%からマイナス0.1%、18年度も1.9%から1.7%にそれぞれ引き下げた。消費低迷や円高による輸入品の価格下落を背景に、9月の消費者物価上昇率(生鮮食品を除く)はマイナス0.5%と7カ月連続のマイナス圏で推移しており、日銀は「物価面で、前回見…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文822文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集