日銀HP

閲覧困難トラブルが頻発 アクセス集中で 

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日銀のホームページ(HP)が、アクセスの集中で閲覧しにくい状態になるトラブルが相次いでいる。日銀が従来の金融政策を検証すると予告して注目された9月の金融政策決定会合では、決定内容発表の前後約30分間、HPへの接続が困難になる事態も起きた。改善を求める声が高まっており、日銀はHPを管理するサーバーの処理能力を年末年始の定期更新時に増強する方針だ。

 日銀によると、9月会合では、午後1時18分の発表前からアクセスが急激に増え、HPを閲覧しづらくなった。接続不調は過去数回の決定会合の際にも生じていたが、9月会合は正常化までの時間が最も長くかかったという。インターネット上では不満の声が相次ぎ、農林中金総合研究所の南武志主席研究員は「HPを全く開けず、メディアなどの細切れの情報を集めるしかなかった」と振り返る。

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文584文字)

あわせて読みたい

注目の特集