メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スターリン大粛清

80年、ロシアで追悼式

スターリンの大粛清犠牲者の名前を一人一人読み上げて追悼する市民。奥の建物は、旧ソ連国家保安委員会(KGB)の本部で現・連邦保安庁(FSB)本部ビル=モスクワで2016年10月29日、杉尾直哉撮影

 【モスクワ杉尾直哉】旧ソ連の独裁者スターリンによる大粛清の犠牲者を追悼する式典が10月29日、モスクワ中心部ルビャンカの連邦保安庁(FSB)前の広場で開かれた。80年前の1936年ごろに当局に逮捕され、銃殺された元政治犯の遺族らが犠牲者の名前、年齢、職業を一人一人読み上げて追悼した。

 スターリンについては、ロシアでは戦後70年を迎えた昨年ごろから「ナチズムと日本の軍国主義を粉砕した指導者」との評価が高まっている。だが、名前を読むマイクの前には市民数百人の長蛇の列ができ、…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文597文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「常勝ホンダ」投打かみ合い優勝 NTT東日本は先発・沼田踏ん張れず 都市対抗

  2. 安倍前首相、自身への事情聴取要請「聞いていない」 「桜」前夜祭

  3. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  4. 橋戸賞にホンダ井上 久慈賞はNTT東・向山 若獅子賞はホンダ朝山ら 都市対抗

  5. 大阪モデル赤信号点灯 吉村知事「医療非常事態宣言」 重症病床使用率66%

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです