メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪

水泳会場は新設、「既存」を断念 都チーム案 

都政改革本部調査チームの東京五輪・パラリンピック3会場見直し案

 東京都の都政改革本部の調査チームが、2020年東京五輪・パラリンピックの水泳、ボートとカヌー・スプリント、バレーボールの4競技の会場を計5施設に絞ったことが都関係者への取材で分かった。水泳は新設の「オリンピックアクアティクスセンター」(江東区)1施設とし、既存の「東京辰巳国際水泳場」(同)は候補から外した。1日の本部会議で小池百合子知事に提言し、都の最終案として採用される見通し。

 調査チームは9月29日の中間報告で、水泳会場について「アクアティクスセンター案」「東京辰巳国際水泳場案」「両施設併設案」を提言。国際水泳連盟や関係者らが「辰巳は水深が浅く、アクアティクスで開催すべきだ」などと異論を唱えていた。

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文816文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 東京ディズニーランドとディズニーシー休園へ 29日から3月15日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです