メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ユネスコ無形文化遺産

「山・鉾・屋台行事」登録勧告 「新庄まつり」歓喜の輪 /山形

今年の新庄まつりの様子=新庄市中心部で8月24日

 新庄市で約260年続く「新庄まつり」など18府県33件の祭りで構成する「山・鉾(ほこ)・屋台行事」が、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録される見通しになった。県内の関係者からも喜びの声が相次いだ。【藤井達也】

 新庄まつり実行委員会の井上洋一郎会長(新庄信用金庫理事長)は「自分たちのまつりという感覚が強く、地元を挙げてうれしく思う」と喜びを語った。その上で、「少子高齢化や人口流出の問題で山車(やたい)の作り手や引き手が問題となっているだけに、登録をきっかけに地元に残る人が増え、地域…

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文631文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GoToキャンペーン 国交相、異例の金額と認め縮小言明 業者選定過程は公表せず

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  4. 誰のための補正予算? 「幽霊会社でも務まる」民間委託の謎 疑問に答えぬ政府

  5. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです