メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あがらのまち自慢

山東まちづくり会(和歌山市) 多彩な企画で地域活性 /和歌山

収穫後の田んぼにずらりと並んだかかし=和歌山市木枕で、成田有佳撮影

 和歌山市東部で、県道和歌山橋本線から四季の郷公園(和歌山市明王寺)に向かって北に車を走らせると、右手にある収穫後の田んぼ(同市木枕)に、約20体のかかしが突如現れる。道行く人たちの注目を集め、写真に撮られることもしばしば。地域の風物詩となっているこの「かかし巡り」を主催する山東まちづくり会は、この他にも数多くのイベントを企画している。湯川正純会長(49)に紹介してもらった。【成田有佳】

 <今夏のリオデジャネイロ五輪の体操選手、映画キャラクターなど、手作り感あふれる作品が並ぶ>

この記事は有料記事です。

残り723文字(全文964文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄知事の日替わりマスクは妻の手作り10種類 「あれが2枚なら欲しい」の声も

  2. 新型コロナ予防しようと…BCGワクチン接種ミス 成人に“絶対禁止”の皮下注射

  3. 石川県知事が「全面方針転換」 首都圏から訪問、自粛要請 県内でクラスター発生

  4. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

  5. 感染遺体、難しい取り扱い 「葬儀体制が崩壊」…危惧する業者、独自に自衛

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです