メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日銀

物価目標5回先送り 「黒田流」視界不良 追加緩和見送り持久戦

金融政策決定会合後、記者会見する日銀の黒田東彦総裁=東京都中央区の日銀本店で2016年11月1日午後3時50分、猪飼健史撮影

 日銀の2%の物価上昇目標が黒田東彦総裁の任期中に達成できない見通しになったことは、強気の目標をぶち上げて人々のデフレ意識払拭(ふっしょく)を目指した「黒田流」の手法が、名実共に壁に突き当たったことを意味する。日銀は1日の金融政策決定会合で追加緩和を見送り、目標達成に向けて短期決戦から持久戦への転換を鮮明にしたが、日銀に対する世間の期待感は大きく後退しているのが実情だ。【坂井隆之、安藤大介】

 「何をもって責任とするかは難しい問題だ」。決定会合後の記者会見で、任期中の目標達成が困難になった責…

この記事は有料記事です。

残り1552文字(全文1799文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 新潟女性殺害 複数箇所刺され失血死 「合唱部で活躍」同級生惜しむ

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです