メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本実業団対抗駅伝

埼玉であす コニカミノルタ・神野大地 3代目山の神「力試したい」

実業団での駅伝デビュー戦へ向けて意気込みを話す神野

 箱根駅伝の山登り5区で活躍して青学大を2連覇に導き、「3代目・山の神」と呼ばれた神野大地(23)が今春、全日本大会で史上2位の通算優勝回数8回を誇る名門・コニカミノルタに入社した。東日本実業団対抗駅伝で社会人としての駅伝デビューを果たす注目ルーキーに意気込みを聞いた。【聞き手・小林悠太】

 --社会人になっての変化は。

 ◆大学に比べ、練習時間が長く取れる。大学時は走るだけの日もあったが、今は毎日、走ってトレーニングもできる。寝る前のストレッチの時間も長く取れる。体幹がしっかりしてきて、フォームもブレがなくなってきた。学生と異なり、走ることが評価されて給料をもらっているため、人生がかかっている。意識が1段階上がった。

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文973文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 緊急事態宣言の非科学性

  5. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです