メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民党

復党、会派入り続々…二階氏、党内基盤固めか

自民党役員連絡会に臨む高村正彦副総裁(手前右)と二階俊博幹事長(同左)=国会内で2016年11月1日午前9時半、川田雅浩撮影

 自民党は2日、郵政民営化に反対したため2005年に除名した綿貫民輔元衆院議長の復党を決定する。無所属議員の同党会派入りも相次いでおり、二階俊博幹事長が党内基盤固めを図っているという見方がもっぱらだ。【水脇友輔、加藤明子】

 6月には綿貫氏と同じ幹事長経験者の野中広務元官房長官が復党した。野中氏は党の有力支持団体である全国土地改良事業団体連合会(全土連)の前会長。当時総務会長だった二階氏が、夏の参院選をにらんで動いたとされる。

 こうした「大物」の元職だけではない。二階氏は8月の幹事長就任後、旧民主党出身の松本剛明元外相、元みんなの党代表の浅尾慶一郎氏ら、かつて自民党と距離があった無所属議員を次々に同党会派に引き込んだ。浅尾、松本両氏は14年衆院選小選挙区で自民党候補を破っている。

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文814文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  4. 保釈の周庭氏、欅坂46「不協和音」脳裏に 「これからどんどんつらくなるかも」

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです