連載

中国的話題

毎日新聞デジタルの「中国的話題」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

中国的話題

(84)日本の知識、競うクイズ大会

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
団体戦で優勝しトロフィーを受け取る武漢大チーム(主催者提供)
団体戦で優勝しトロフィーを受け取る武漢大チーム(主催者提供)

 日本語専攻の中国人学生たちが日本の知識をクイズ形式で競う「笹川杯全国大学日本知識大会」(日本科学協会、武漢大主催)が10月22、23両日、中国湖北省武漢市の武漢大であった。過去最多の106校(計318人)が中国全土から出場。団体戦、個人戦ともに地元の武漢大が優勝し、会場は盛り上がった。

 大会は2004年から毎年開催され、年々参加数が増加している。今年は日本大使館が10~11月に展開する「日中交流集中月間」の関連イベントにも位置づけられた。

 大会のモットーは「知識から理解へ、理解から友好へ」。日本の歴史、社会、文化芸術など幅広い分野から出題された。特に決勝には難題が並んだ。一部を紹介すると--(解答は最下部)。

この記事は有料記事です。

残り632文字(全文941文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集