メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

食いしばっていませんか?の巻

緊張する場面でグッ 放置すると肩こり、腰痛、うつ病に発展?

[PR]

俊輔は、サッカーの練習で歯が痛むと虎鉄先生に相談しています。 虫歯ではないそうです。 口を開けるとコキンと変な音もするようです。 どうやら、顎関節症のようです。 歯ぎしりもあるとなると、典型的なTCH(歯列接触癖)と考えられます。 TCHは、上下の歯を無意識に噛み合わせる癖のことです。
一つでも当てはまればTCHの疑いがあります。 4~5人に一人はいるという説もあるそうです。 TCHのチェックリスト ・上下の歯が噛み合っている ・前歯だけ接触している ・奥歯だけ触っている ・上顎(あご)に舌全体が付いている ・口を閉じ、歯を話すと違和感がある ・口を閉じ、歯を付けると違和感がある ・舌の縁が歯形でギザギザ ・頬の内側に白い線(歯の痕) 俊輔のように、虫歯の詰め物がよく壊れるのもTCHの症状の一つですね。 どんな時に食いしばってるのか、自分では分からないかもしれませんが、食いしばりやすい 場面としては、パソコンや集中作業、ゲーム中やストレスを感じる際など、緊張する時が多いようです。
食いしばりには、いくつか種類もあります。 ・グラインディング(こすり合わせ) ・クレンチング(垂直の噛みしめ) ・タッピング(上下カチカチ) 左右どちらかだけや、ものすごい力で噛んでいるといった癖も関係してきます。 普通の人の口の中はどうなっているのでしょうか? 食事や発話の時以外、上下の歯は離れていて接触するのは1日約18分。 リラックスした状態は前歯で1~2ミリ、奥歯で0.5~1ミリ開いています。 一方、TCHを起こした状態は上下が常に噛み合い、過度に緊張しているのです。 接触で顎に力が加わり続けると、交感神経が働いて緊張状態が続いてしまうのですね。 顎関節症の患者の8割はTCHだそうです。 腰痛や肩こり、うつ病の原因にもなります。 根本的な治療法はありません。 寝ている間はナイトガードをすると良いでしょう。
歯の接触を減らすには、起きている間「歯を離す」ことを意識しましょう。 噛みしめたら思い切り息を吸って肩を上げ、一気に口から吐いて肩を下ろし脱力すると効果的です。 歯の接触を減らす方法は、 (1)上下の歯を噛み合わせ、筋肉や顎の関節に 負荷がかかっていることを意識 (2)冷蔵庫やPC、電話など目に付くところに張り紙をする (リラックス/顔の力を抜く/歯/歯を離す…など) (3)歯が接触したら離す癖をつけ、深呼吸する 歯が接触したら条件反射で話すようになれば成功です。 最初のうちはギョロ星人のように、口を開けっ放しにしてみるのもいいかもしれませんね。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  2. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 永和商事ウイング快勝 スクールパートナーは敗退 都市対抗東海2次

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです