メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

教育 「デュアルスクール」の実証実験

住民票を移さなくても転校しやすくする制度を活用し、新しい小学校で自己紹介する男子児童(中央)=徳島県美波町の日和佐小学校で2016年10月3日

 地方と都市の二つの学校で学べる「デュアルスクール」の制度化に向けた全国初の実証実験が10月3日から14日にかけて徳島県で行われた。生徒は煩雑な転校手続きを取らずに、地方と都市の学校に自由に通うことができるものだ。企業のサテライトオフィスを地方に誘致する同県の取り組みについて、全国12県の若手知事でつくる「日本創生のための将来世代応援知事同盟」が昨年5月に開いたサミットで、制度として創設を提言しており、今回の実証実験の結果に自治体関係者は注目している。

 デュアルスクールは、徳島県のオリジナルの名称で、地方と都市の二つの学校が連携し、両校間を行き来しながら教育を受けられる仕組み。サテライトオフィスの誘致や2地域居住を推進しようと、徳島県が全国に先駆けてモデル化を目指している。一度届け出をすれば、住民票を移さなくても何度も両校間を行き来できる。

この記事は有料記事です。

残り2100文字(全文2475文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

  2. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  3. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  4. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです