メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

殺処分ゼロ ふるさと納税でNPO支援 神石高原町

夢之丞と一緒に「殺処分ゼロ」を呼び掛ける大西健丞さん(中央)。右はプロジェクトリーダーの大西純子さん=東京都千代田区で2016年10月4日

 動物愛護センターなどに引き取られる犬の殺処分ゼロに取り組んでいるNPO法人「ピースウインズ・ジャパン」(PWJ、大西健丞代表理事)は、本部を置く広島県神石高原町と協力し、同町のふるさと納税制度を利用して活動資金を募っている。当面は来年9月までに10億円の寄付を募り保護・譲渡の施設の拡充や人材育成などを進める。さらに、猫も含め全国のペットの殺処分ゼロを2020年までに実現することを目指している。

 PWJは大西さんが1996年、紛争地域の難民や自然災害の被災者などの支援組織として設立した国際NGO(非政府組織)。これまでにイラクやアフガニスタンなど26カ国で支援に携わっている。国内でも過疎地の地域振興や動物愛護などの分野で活動しており、特に犬の殺処分を減らすために「ピースワンコ・ジャパン」プロジェクトを立ち上げた。12年に神石高原町と飼育放棄犬や迷い犬、野犬の保護やしつけ、譲渡などの業務に…

この記事は有料記事です。

残り856文字(全文1255文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  3. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  4. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです