メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

高速道路 料金制度の見直し進む

相模原愛川ICから高尾山IC間が開通した圏央道=相模原市で2014年6月

「造る」から「賢く使う」へ多様な施策検討

 高速道路の料金制度についての見直しが進められている。建設コストによって差があった全国の高速道路の1キロ当たりの基本料金を3種類に整理し、次いで首都圏の料金を対距離制を基本とした料金体系へ整理・統一した。現在、見直しが進められているのが近畿圏の料金で、17年度に新料金制度がスタートする見通しだ。さらに、建設の経緯で無料になっている区間の問題、混雑の度合いによって料金を変更して渋滞を防ぐなど、キーワードとなっている「賢く使う」ための施策の検討が続く。

 日本の高速道路の料金制度はもともと、遅れていた道路網の整備を促進するため、「造る」に重点を置いた仕…

この記事は有料記事です。

残り2270文字(全文2566文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです