メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

小水力発電 水道で1万9000キロワット可能

水力発電の説明を受ける奥ノ木信夫川口市長(右)=埼玉県川口市の横曽根浄水場で2015年5月28日

 全国の水道施設で小水力発電を導入した場合、1万9000キロワットの電力を生み出せ、約3万世帯分の電力を賄えることが、環境省と厚生労働省の調査で分かった。全量を売電すると約53億5000万円になり、9万2000トンの二酸化炭素(CO2)削減効果があるという。小水力発電は、大規模な開発・工事を伴わず、太陽光や風力発電に比べて効率的、安定的に発電できる。特に水道水は不純物が少なくメンテナンスも容易なため、環境省は普及拡大に力を入れていく。

 調査は全国1888カ所の全水道事業者を対象に昨年度、小水力発電の導入が可能かどうかなどについて行った。発電の導入可能な候補地は563カ所あり、そのうち274カ所は20キロワット以上の発電ができることが分かった。水道施設の流量や落差、管路口径などを基に試算したところ、導入可能候補地で生み出される発電出力の総量は1万8742ワットで、年間発電量は1億5848万キロワット時になる。

この記事は有料記事です。

残り2154文字(全文2563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです