メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

選挙を混乱させる時代遅れ=政治アナリスト・横江公美

 米大統領選挙はますます混乱しているが、実はその背景には、時代の変化への候補者2人の認識の甘さがある。変化とは、ネットがもたらす変化と多様化した社会への移行である。

 まず、米連邦捜査局(FBI)が捜査を再開すると発表したクリントン氏のメール問題。旧世代のクリントン氏は、情報社会の進展には透明性の拡充が伴うことを想像していなかったといえる。米国では情報公開法は1966年に制定され、96年にはネット環境に即して改正された。書類は電子化されメールも保存が義務付けられた。当時は、機密情報を扱う役人の部屋には2、3台のコンピューターが置かれていた。極秘機密情報用、部外秘情…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文710文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 沢尻容疑者逮捕 大河ドラマ出演予定のNHK「対応検討中」

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 沢尻エリカ容疑者を送検 麻薬取締法違反容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです