メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法公布70年

改憲へ安倍自民執念 日本会議が地ならし(その2止)

 憲法公布70年の節目で「日本(にっぽん)会議」(田久保忠衛会長)が改憲運動に力を入れている。安倍政権の「陰のけん引役」とも見られている。彼らの運動や組織、歴史、政権や世論への影響力を追った。

 ◆組織と運動

賛同署名、既に700万筆

 「憲法9条2項を書いて法科大学院の先生に提出したら『お前、変なクスリやってるんじゃないの?』と言われる。日本の憲法はそれくらいおかしい」。登壇したタレントのケント・ギルバートさんの話に、聴衆はどっと沸いた。「どうやって国を守るのか。憲法9条こそ憲法違反だ」。埼玉県狭山市の市民会館で9月10日にあった「美しい日本の憲法をつくる国民の会」の支部行事での一場面だ。

 ジャーナリストの桜井よしこ氏らが共同代表を務める国民の会は、2年前に設立された。天皇の元首化や9条…

この記事は有料記事です。

残り4304文字(全文4650文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  4. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  5. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです