メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PICKUP

「論文、ネットで無料閲覧を」 EU、公的資金の助成を受けた研究

 <ピックアップ>

 欧州連合(EU)は、公的資金の助成を受けた研究者が論文発表する場合、インターネットで誰でも無料で閲覧できるオープンアクセス(OA)とするよう2020年までに義務化する目標を掲げている。学術系出版社の寡占を背景に、学術誌の購読料やデータベース利用料は1社で合わせて年間数千万円に上るケースもあるなど高騰し、大学などで購読を控える動きも出ているからだ。

 議論を主導したオランダのサンダー・デッカー副教育・文化・科学相は毎日新聞の取材に応じ、「公的資金で行われた研究と成果は社会に開かれるべきだ」と強調。「課金の壁」を取り払うことで科学研究の底上げにつなげたい考えを示した。

この記事は有料記事です。

残り625文字(全文919文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、杉田氏発言巡り「政治家は自ら襟を正すべきだ」

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです