メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第一交通

徘徊高齢者「救う」タクシー IoT導入、実験スタート

 第一交通産業は、あらゆる機器をインターネットでつなぐ「IoT」技術を生かし、認知症で徘徊(はいかい)する高齢者の発見を支援する実証実験を今月からタクシー事業で始めた。情報サービスのSkeed(スキード、東京)と、北九州市の公益財団法人・九州ヒューマンメディア創造センターとの共同事業。3カ月程度実施して検証する。

 スキードが開発した小型発信機を持った高齢者と、中継装置を搭載したタクシーが約30メートル以内ですれ…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文507文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紀平SP6位 首位はコストルナヤ、世界最高得点 GPファイナル女子

  2. インタビュー・最前線 ブロードリンク 榊彰一社長 中古PCで環境貢献 回収から卸売りまで

  3. 神奈川県庁サーバーに使用のハードディスク転売 納税記録など流出

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです