メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柿の種

でっかいぞ50センチ超 世界一でギネス認定

ギネス世界記録に認定された柿の種=新潟市江南区亀田工業団地3の「亀田製菓」本社で2016年11月2日午後2時27分、後藤結有撮影

新潟の亀田製菓、発売50周年を記念して

 亀田製菓(新潟市)は2日、「柿の種」発売50周年を記念して製作した長さ50センチ超の柿の種を披露した。公式サイズは55.4センチ。見事、「世界一大きな柿の種」としてギネス世界記録に認定された。

     認定条件は、長さ50センチ以上▽中が空洞--の2点。公式認定員立ち会いの下、条件をクリアしていることが確認され、「世界一」を告げられると、見守っていた社員からは「おー!」と歓声が上がった。

     体積は通常の約3000倍。割れないように硬く仕上げており、商品技術チームの田中健一主任(48)は「お客様に提供するにはまだまだ」。大きさと硬さのバランスが悩みの種だ。【後藤結有】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
    2. 新潟・山形地震 TSUNAMI聞き取れず 旅行中の米国人「パニックに」
    3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
    4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
    5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです