日本会議

「理想はサザエさん一家」啓発 24条改正巡り

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
憲法改正を訴える日本会議や関連団体の頒布物=東京都千代田区で2016年11月2日撮影
憲法改正を訴える日本会議や関連団体の頒布物=東京都千代田区で2016年11月2日撮影

 改憲運動を展開している保守団体「日本会議」(田久保忠衛会長)は、憲法24条を改正すべきだとの主張を強めている。背景には伝統的な家族を理想とする心情がにじむ。家族のあり方は憲法で定めるべきか--。

 「サザエさんが今も高い国民的人気を誇るのはなぜでしょう」。日本会議の関連団体が制作した啓発DVDの一場面。ナレーターは24条により家族の解体が進んだ結果、さまざまな社会問題が起きているとして、3世代同居のサザエさん一家を理想と持ち上げた。

 「個人の尊重や男女の平等だけでは祖先からの命のリレーは途切れ、日本民族は絶滅していく」。日本会議の政策委員を務める伊藤哲夫氏は9月、埼玉県内の講演で、改憲テーマの一つとして24条を取り上げた。安倍晋三首相のブレーンも務める伊藤氏は「家族の関係を憲法にうたうべきだ」と力説した。

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文643文字)

あわせて読みたい

注目の特集