連載

特集ワイド

「人だかりがする」ニュースを目指して、読み応え十分の記事をラインアップ。

連載一覧

特集ワイド

続報真相 「安倍語」を検証する 改憲論熱弁…一転、「貝」に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
手振りを交え、答弁する安倍晋三首相。言葉は強いが議論がなかなか深まらないのはなぜなのか……=10月13日、川田雅浩撮影
手振りを交え、答弁する安倍晋三首相。言葉は強いが議論がなかなか深まらないのはなぜなのか……=10月13日、川田雅浩撮影

 改憲勢力が初めて衆参両院ともに3分の2の議席を超え、「安倍1強体制」が強まる中で開かれている臨時国会。だが、安倍晋三首相は悲願の改憲について、急に“だんまり戦術”をとり始めた。雄弁になった時は、比喩や情緒的反論で矛先を変える“はぐらかし戦術”で、議論は一向に深まらない。独特な「安倍語」をまたまた分析する。【横田愛】

この記事は有料記事です。

残り3933文字(全文4092文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集