メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビューシリーズ・番組論

/1 日本テレビ 一手先考え変化するバラエティー

日本テレビの田中宏史・編成局編成部担当部長=東京都港区で2016年10月24日、須藤唯哉撮影

 テレビ離れが指摘される中、視聴者の注目を集める番組作りとは--。各局の注目分野の担当者に聞くインタビューシリーズ。初回はバラエティー番組の根強い人気で、年間視聴率「3冠」を2年連続で達成した日本テレビ。田中宏史・編成部担当部長に強さの理由を聞いた。

 --日テレには長く続いている人気のバラエティー番組がそろっています。

 ゴールデン(G)やプライム(P)の時間帯にバラエティー番組が多いのは事実。ただ、一概にバラエティーといっても、教養的なものを押し出したり、トークをベースにしたり、ジャンルは細かく分かれている。そのバリエーションを考えて、編成した結果だ。

この記事は有料記事です。

残り1236文字(全文1515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バンクシー、マスクのネズミも コロナテーマに新作、動画投稿 英地下鉄に

  2. 「佐川さんには私の目を見て話をしてほしい」 近畿財務局職員の妻雅子さん

  3. コロナ対策「アドバイザリーボード」再開 「夜の街」呼称やめ「社交飲食店」に

  4. 首相と菅氏、吉村知事を厚遇「リーダーシップに敬意」 小池氏と対照的

  5. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです