メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明日を託す

’都城市長選/上 中心街開発 魅力創出へ正念場 旧4町へ追い風望む声も /宮崎

 かつては複数のデパートが建ち並び、「都城の顔」とも称された都城市中心部の国道10号周辺の商店街。道の両側にアーケード街があるが、日中もシャッターを下ろした店舗や駐車場が連なる。人通りはまばらで静まり返っている。

 市中心市街地の中町、上町かいわいで商店街の核店舗だった最後の百貨店「都城大丸」が閉店したのは2011年1月。ただでさえ郊外型量販店に流れていた客足はさらに遠のいた。「閉まった店が多く寂しく残念。デパートがある頃は、中心街で子供と1日過ごせたのに」と、市内の主婦(50)は顔を曇らせる。

 都城商工会議所の調査によると、休日1日の通行量は都城大丸前が1991年に5000人超だったが、閉店…

この記事は有料記事です。

残り1015文字(全文1314文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クマの出没、山口県内で相次ぐ 過疎化で生息域管理難航、進出域拡大
  2. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  3. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  4. ORICON NEWS 岡田准一『白い巨塔』最終話15.2%の高視聴率で幕 5話平均は13.3%
  5. わこ盲導犬贈呈プロジェクト 30頭で活動に終止符 視覚障害者支援は継続 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです