メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「脱線」した列車から降り、レール上を避難する訓練参加者=東京都江東区で10月27日

 この夏に公開・大ヒット中の東宝映画「シン・ゴジラ」で、地下鉄が主人公らの避難場所に活用された。地上構造物に比べ、揺れなどに強いとされるトンネル空間。一方で、閉じ込めなどの恐怖も付きまとう。首都圏の地下の交通網を支える東京メトロは10月下旬、首都直下地震を想定した訓練を実施するなど、さまざまな災害対策を進めている。

この記事は有料記事です。

残り1322文字(全文1480文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 行き場のない「核のごみ」 国内最終処分、議論も始まらず
  2. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  3. 大阪市立科学館 リニューアル リアルな星空を再現 高性能の投影機話題に /大阪
  4. 被爆遺構の本格発掘始まる 広島平和記念公園内
  5. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです