メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

名人戦 井山、7冠陥落 高尾返り咲く

終局直後、盤面を見つめる井山裕太名人=甲府市で3日、金沢盛栄撮影

 本因坊文裕(もんゆう)(27)=井山裕太九段=が今春達成した囲碁界初の7冠独占に終止符が打たれた。甲府市内で2、3日に打たれた第41期名人戦七番勝負(朝日新聞社主催)の第7局で、挑戦者の高尾紳路九段(40)が井山名人に251手で白番2目半勝ちし、対戦成績4勝3敗で名人に返り咲いた。4月に十段を奪取し実現した井山の7冠完全制覇は、約6カ月半で一角が崩れた。

 敗れた井山は「最終局まで来たが、力が及ばなかった。7冠自体が奇跡で出来過ぎ。チャンスがあれば、また…

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文684文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  2. 元パラ選手マリーケ・フェルフートさん安楽死 ロンドン、リオで金含む複数メダル

  3. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  4. ORICON NEWS 道端アンジェリカ、夫の逮捕で「夫婦の形が少しずつ変わってきています」

  5. 34年目の真実 松橋事件/中 子の人生も狂わせ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです