次期衆院選

共産「17選挙区一本化を」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
共産が「必勝区」と位置づける衆院小選挙区の民進、共産の擁立状況
共産が「必勝区」と位置づける衆院小選挙区の民進、共産の擁立状況

民進に取り下げ含め要求

 共産党は3日までに、次期衆院選の小選挙区で議席獲得を目指す「必勝区」の原案を策定し、民進党に提示した。共産現職の地元を中心とした17選挙区で共産候補へ一本化するよう求めた。このうち10選挙区は既に民進が公認候補を内定済みで、事実上、候補取り下げの要求となる。【朝日弘行】

 2014年衆院選で共産が小選挙区で獲得した議席は沖縄1区のみだが、今年9月の中央委員会総会で党勢拡大に向け、必勝区を積極的に設定する方針を打ち出した。

 必勝区は11都府県の17選挙区。埼玉15区、千葉13区、神奈川10区など8選挙区に比例代表で当選した現職を公認。長野4区、大阪2区など6選挙区で新人公認候補を内定し、候補が決まっていない大阪17区、福岡10区でも擁立を急ぐ。共産は民進との非公式協議で必勝区案を提示し、共産候補への一本化とともに推薦などの支援を求めている。

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文886文字)

あわせて読みたい

ニュース特集