メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京国際映画祭

東京グランプリにクラウス監督作品…閉幕

ARIGATO賞を受賞し記念撮影に応じる(左から)新海誠監督、妻夫木聡さん、高畑充希さん、山内章弘さん、ゴジラ=東京都港区で2016年11月3日、西本勝撮影

 第29回東京国際映画祭のクロージングセレモニーが3日、東京・六本木で開かれた。世界から16作品が出品されたコンペティション部門の最高賞「東京グランプリ」には、ナチズムの加害者と被害者を祖父母に持つ男女の触れ合いを描いた「ブルーム・オヴ・イエスタディ」(クリス・クラウス監督/ドイツ・オーストリア合作)が選ばれた。クラウス監督は「この作品をつくることは容易なことではなかったけれど、本当に感動しています」と喜びを語った。

 次点の審査委員特別賞には北欧に住むサーミ族の少女を描いた「サーミ・ブラッド」(アマンダ・ケンネル監…

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文737文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  3. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  4. 銅管楽器作り挑戦 学園祭で親子ら 江津・職能短大 /島根

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです