たばこ

喫煙で遺伝子変異増加…長く多く吸う人ほど蓄積

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
たばこを多く、長く吸う人ほど遺伝子に突然変異が起きることが分かった
たばこを多く、長く吸う人ほど遺伝子に突然変異が起きることが分かった

がん研究センターなど発表

 世界約5000人のがん患者の遺伝子データを解析し、たばこを多く、長く吸う人ほど遺伝子に突然変異が起きることが分かったとの研究成果を、国立がん研究センターや理化学研究所など日米英韓の研究チームが、4日付の米科学誌サイエンスに発表した。細胞ががん化する原因とされる遺伝子の突然変異が、たばこの化学物質によって誘発されることが明らかになった。

 チームは、17種類のがん患者5243人を対象に、たばこを吸う人と吸わない人で遺伝子に違いがあるかを解析。その結果、肺、喉頭、口腔(こうくう)、膀胱(ぼうこう)、肝臓、腎臓のがんは、喫煙者の方が遺伝子の突然変異が多かった。最も多い肺がんでは、毎日1箱(20本)を1年間吸うと150個の突然変異が蓄積すると推計された。

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文472文字)

あわせて読みたい

ニュース特集