メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Listening

<広島・府中町の中3自殺>「誤った進路指導、要因」第三者委が報告書

[PR]

 広島県府中町で昨年12月、町立中学3年の男子生徒(当時15歳)が誤った万引き記録に基づく進路指導の後に自殺した問題で、町教委が設置した第三者による調査検討委員会(委員長、古賀一博・広島大教授)は3日、「誤った進路指導が自死(自殺)の要因の一つであり、きっかけだった」とする報告書を公表した。

     報告書によると、生徒は私立高の専願受験を志望したが、昨年12月、担任から「1年の時に万引きをしたから認められない」と伝えられた。生徒は同8日、両親が出席した三者懇談会に現れず、自宅で自殺。その後、万引きに関与していないと判明した。

     第三者委は、教育学の教授や弁護士、臨床心理士ら5人で構成。今年3月末以降、計25回の会合で自殺の背景や学校の対応、再発防止策について調査、協議した。生徒の両親や中学の教職員、関係の深かった同級生4人などからは話も聞いた。

     その結果、同委は「この生徒と教員との間に日常的な信頼関係が十分に構築されていなかった」と背景を指摘。問題点として▽組織的な生徒指導、進路指導の欠如▽「荒れ」の克服にとらわれた強権的、抑圧的な指導--などを挙げた。

     同委は同級生らにアンケートも実施。239通を郵送し、83通(うち無回答22通)の返信があったが、この生徒の悩みに関する回答はほとんどなかったといい、報告書は「周囲は誰も気付かず、自殺を阻止できなかった」と結論付けた。

     生徒の両親の代理人弁護士によると、両親は「報告書を受けて個々の先生がどう改善し町教委がどう対応するのかを見守りたい」と話していたという。【石川将来、竹内麻子】

    コメント

    投稿について

    読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

    ※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

    利用規約

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

    2. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

    3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

    4. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

    5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです