メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本ジオパーク

「三笠」認定 市長「記念すべき日」 とかち鹿追は保留 /北海道

幾春別地区にある石炭層が露出している高さ約20メートルの断崖=三笠市役所提供

 日本ジオパーク委員会は24日、貴重な地形や地質が残る自然公園「日本ジオパーク」に、「三笠」を認定した。北海道

三笠市幾春別地区の石炭層が露出している断崖や、かつて石炭が採掘された幌内地区など市内全域が対象で、道内では「アポイ岳」(様似町)と「白滝」(遠軽町)に次いで3カ所目。

 鹿追町の然別湖周辺の「とかち鹿追」は保留となった。世界ジオパークを目指していた「アポイ岳」は申請が見送られた…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文483文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 西武、異例の8人リレーで最少失点 二回にリリーフの中塚「正直びっくり」

  3. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  4. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  5. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです