メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
連載小説 ストロベリーライフ

/8 赤い実たわわ、わわわ。 作・荻原浩 題字・画、佃二葉

=画、佃二葉

 わわわ。

 親父がハウスを始めた翌々年には、東京へ出てしまったが、帰省するたびに手伝わされていたからビニールハウスの中は見慣れている、つもりだった。

 顔にまとわりつく蜜蜂を払いながら、恵介(けいすけ)は蜂に問いかけるように心の声を言葉にした。

「なんだこれ」

 地面に畝(うね)をつくり、マルチと呼ぶ黒色のポリエチレンシートで土を覆っているのはトマトの場合と同じだが、その畝がやけに高い。

 畝と畝の間の狭い通路に足を踏み入れてみた。脛(すね)の上のほうまである。

この記事は有料記事です。

残り2836文字(全文3066文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

荻原浩

さいたま市出身。成城大卒。1997年「オロロ畑でつかまえて」で小説すばる新人賞を受賞してデビュー。「海の見える理髪店」で第155回直木賞受賞。東京都在住。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです