メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出版

過酷な引き揚げ、幼い目線で 戦争体験、静岡の望月さん 長女・泉さんが児童書に /静岡

旧満州からの引き揚げ体験をもとに児童書を書いた望月泉さん(右)と母の郁江さん=静岡市葵区松野で

 終戦翌年の1946年に旧満州(現中国東北部)から静岡に引き揚げた、10歳と6歳の姉弟の苦難の道のりを描いた児童書「お母ちゃんとの約束」が出版された。静岡市葵区の望月郁江さん(80)の実体験を基に長女の泉さん(50)=米国在住=が執筆し、郁江さんが挿絵を描いた。2人は「体験を語り継いで平和の大切さを訴えたい」と話している。

 郁江さんは静岡市で生まれ、43年、先に渡航していた設計技師の父ら家族を追って満州国(当時)の通化市…

この記事は有料記事です。

残り882文字(全文1094文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  4. 継続は力なり わかやま100年企業の挑戦 亀屋旅館 愛される旅館、いつまでも 完全復旧へ力注ぐ /和歌山

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです