メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR北海道

赤字235億円 収益100円に費用155円

2015年度のJR北海道の輸送密度2000人未満の路線

 JR北海道は4日、2016年度の9月中間連結決算を発表した。台風被害に伴い、単体の通期の経常損失(赤字)は当初予想より60億円多い過去最大の235億円となる見通し。連結でも120億円の赤字を見込んでおり、記者会見した同社の小山俊幸常務は「台風のため、厳しい状況が深刻化した」と述べた。また、15年度の線区別収支も前年度に引き続き全線区で赤字だった。

 9月中間の単体では、北海道新幹線による収入(64億円)に伴い、鉄道運輸収入などを含む営業収益は前年同期比で40億円増の455億円となる一方、修繕費などを含む営業費も61億円増の627億円に上った。

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文769文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社告 町田樹さんコラム「今を生きる 今を書く」 10月5日連載スタート

  2. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  3. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  4. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  5. 金正恩委員長「委任統治論」の矛盾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです