メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TPP

与党が強行採決 衆院委可決、民進・共産は欠席

衆院TPP特別委員会で、採決時に民進党などの議員が抗議して委員長席に詰め寄る様子を閣僚席から見つめる山本有二農相(中央奥)=国会内で2016年11月4日午後4時24分、川田雅浩撮影

 環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の承認案と関連法案は4日の衆院TPP特別委員会で、自民、公明、日本維新の会の3党の賛成で可決された。民進、共産両党は、失言が相次いだ山本有二農相の辞任がないままの審議に反対して欠席し、与党側は両党欠席のまま採決を強行した。政府・与党は8日の衆院本会議採決による衆院通過を目指す。野党の反発で参院審議が難航する可能性もあり、11月30日までの国会会期の延長は不可避の情勢だ。

 約1時間遅れの4日午後2時半ごろに始まった同委で、山本氏は強行採決に触れた自らの発言を「冗談」とした新たな失言について謝罪。「不用意な発言で再びご迷惑をおかけし、心からおわびする。発言を撤回する」と述べた。一方で「職責を全うするため誠心誠意努力を重ねたい」と述べ、辞任を否定した。

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文948文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・杉田議員「女性はいくらでもうそ」 性犯罪に関し党会議で発言 記者団には否定

  2. ファーウェイ大型施設で大規模火災 中国・広東省 スマホ事業への影響懸念

  3. 弁護士が宇都宮市長選出馬へ 自公推薦の現職との一騎打ちの公算

  4. 横浜・野毛の象徴 樹木希林さん実家の居酒屋「叶家」が27日に閉店

  5. くらしナビ・ライフスタイル 「愛の不時着」12の疑問/上 ドラマで注目、北朝鮮の現状は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです