メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学新テスト

記述式、難度別2種類 文科省案を提示

 大学入試センター試験に代えて2020年度に始める新テストの国語の記述式問題について、文部科学省は4日、難易度の異なる2種類の問題を出題する案を国立大学協会に示した。

 難易度が高い問題は受験生が出願する大学側が採点し、低い問題は入試センターがA、B、Cなどと段階評価して結果を大学に提供し、大学が評価に活用する。どちらを選ぶかは大学に委ねる。試験はマークシート式と併せ、現行のセンター試験と同じ1月に実施する方針。

 新テストは思考力や表現力を測るため、国語と数学で新たに記述式問題が出題される。

この記事は有料記事です。

残り940文字(全文1187文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「俺コロナだけど」 ドラッグストア店の業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. コープこうべ、開店後30分間を高齢者ら専用に 「知らなかった」引き返す一般客も

  4. 「海女の支援に」 アワビ稚貝と真珠のピンバッジが人気

  5. スタバ、9日から850店舗で休業 緊急事態宣言対象の7都府県

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです