メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学新テスト

記述式、難度別2種類 文科省案を提示

 大学入試センター試験に代えて2020年度に始める新テストの国語の記述式問題について、文部科学省は4日、難易度の異なる2種類の問題を出題する案を国立大学協会に示した。

 難易度が高い問題は受験生が出願する大学側が採点し、低い問題は入試センターがA、B、Cなどと段階評価して結果を大学に提供し、大学が評価に活用する。どちらを選ぶかは大学に委ねる。試験はマークシート式と併せ、現行のセンター試験と同じ1月に実施する方針。

 新テストは思考力や表現力を測るため、国語と数学で新たに記述式問題が出題される。

この記事は有料記事です。

残り940文字(全文1187文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです