メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

富士重工業「SUBARU」 解体された中島飛行機、再結集

六連星を模したスバルのロゴマーク=富士重工業提供

 自動車や航空機などを製造する富士重工業は創業100周年を迎える2017年4月、社名を「SUBARU(スバル)」に変更する。スバルは売上高の9割超を占める自動車部門のブランド名。中核ブランドに社名を合わせる試みだ。

 スバルはおうし座に属するプレアデス星団の和名で、六連星(むつらぼし)とも呼ばれる。その名が自動車に冠されるようになったのは、「太平洋戦争の敗戦に伴う財閥解体で分割された企業が再結集した」という同社の歩みに由来している。

 同社の源流、中島飛行機は旧陸軍の戦闘機「隼(はやぶさ)」などを開発した巨大航空機メーカーだった。しかし戦後、12社に分割された。うち5社の出資で1953年発足したのが富士重。55年にはこの富士重が5社を吸収合併し、現在の富士重が形作られた。

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文598文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲・中川部屋、師匠の暴力行為で閉鎖へ 行き過ぎた指導か

  2. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  3. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  4. 東京の感染者、「夜の街」関連110人 新宿でのアイドル舞台で10人感染「クラスター」か

  5. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです